最先端の半導体ソリューションで新たなマーケット・ニーズを切り拓きます。

Creonic DVB-S2Xワイドバンド変調器

Spinnaker_partner_logo_file_name-20180711182917246

 

 

 

 

Creonic DVB-S2Xワイドバンド変調器は内部トランスミッタのタスクをすべてカバーする高性能変調器IPです。The modulator expects モードアダプテーション後のBBFramesを入力として受け取り、ストリームアダプテーション、FECエンコーディング、マッピング、PLフレーミングおよび変調を実行します。さらに、このIPコアはベースバンド補間と出力利得調整も可能です。コアからの出力はDACやRFフロントエンドで処理されることを想定して設計されています。

利点

  • フィールド検証済みのCreonic DVB-S2X復調器・デコーダIPと検証済み。
  • 使いやすいモードアダプテーション入力インタフェース。
  • ZFベースバンド信号に対して補間と利得調整を行います。
  • 変調器IPはパッダー、BBスクランブラ、BCHエンコーダ、LDPCエンコーダ、ビットインタリーバ、ビットマッパー、ダミーPLフレーム挿入器、PLシグナリング、パイロット挿入器、PLスクランブラ、ベースバンドフィルタ、補間器、利得調整器で構成されます。
  • Creonic DVB-CID変調器と接続して機能を補完し合うことも可能。
  • 省電力・小規模のデザイン。
  • コア制御用・ステータス情報取得用のメモリマップド・インタフェース。
  • 外部クロックで駆動することでDACと簡単に同期を取れる柔軟な出力インタフェース。
  • ASICとFPGA (Xilinx, Altera) で利用可能。

主な機能

  • 256-APSKでもシンボルレートは最大500 MSymb/s。

特徴

  • DVB-S2 およびDVB-S2Xに準拠
  • ACM, CCM, VCMモードをサポート
  • ショートフレーム、ノーマルフレーム (16,200ビットと64,800ビット) をサポート
  • 要望があればQPSK to 256-APSK, VLSNRモードをサポート可

主なアプリケーション

  • 衛星通信
    • デジタルビデオ放送
    • 双方向サービス
    • 専門サービス
    • ニュース収集

納品物

  • VHDLソースコードまたは合成済みネットリスト
  • シミュレーションモデル
  • ビット精度Matlab/C/C++シミュレーションモデル
  • ドキュメント