最先端の半導体ソリューションで新たなマーケット・ニーズを切り拓きます。

Creonic DVB RCSターボデコーダ

Spinnaker_partner_logo_file_name-20180711182917246               

 

 

 

DVB-RCS (Digital Video Broadcast - 衛生配信システム対話チャンネル) はETSIで策定された衛星データ通信規格です。この規格では優れたエラー訂正性能を持つ8ステートのダブル・バイナリ・ターボデコーダが採用されています。抜群の性能を誇るDVB-RCSターボデコーダは、低コストで高い周波数利用効率が不可欠なアプリケーションにも最適です。

利点

  • 畳込みコードと比較して最大4dBの利得。
  • 設計時設定により要求するスループットに最適なリソース利用を実現可能。
  • 省電力・小規模のデザイン。
  • 動作中のバーストごとにコンフィギュレーション可能。
  • インタリーバのパラメータ設定が可能のため、カスタムのブロック長もサポート。
  • 現場でのビット・エラー・レート測定。
  • 細かく設定可能なブロック長とコード・レート。
  • ターボデコーダのイテレーション回数を自分で指定可能なためスループットとエラー訂正能力をトレード・オフ可能。
  • レガシーのDVB-RCSターボデコーダからの移行が容易。
  • ターボ同期化によりエラー訂正性能をさらに改善 (要望により)。
  • ASICとFPGA (Xilinx, Altera) で利用可能。

性能指標

  • 5回のイテレーションでペイロードのスループットは131 Mビット/s、8回のイテレーション (200 MHz) で82 Mビット/s。
  • BER 10-5, コードレート3/4で、
    • ES/N0 = 6.1 dB (QPSK, 53ペイロードバイト)
    • ES/N0 = 5.2 dB (QPSK, 212ペイロードバイト)

特徴

  • ETSI 301 790 V1.4.1 (2005-09) (DVB-RCS) に準拠
  • DVB-RCSのペイロードブロックサイズ (12~216 bytes) とコードレート (1/3~6/7) をすべてサポート
  • QPSK と 8-PSK モジュレーションインタフェースをサポート

アプリケーション

  • 衛星通信
    • 双方向サービス
    • 専門サービス
    • TDMA
  • 前方エラー訂正の需要が非常に大きい用途
  • コードレート (1/3以上) とブロック長を広い範囲でサポートする必要のある用途

納品物

  • VHDLソースコードまたは合成済みネットリスト
  • シミュレーションモデル (アルデックのRiviera-PRO向けなど)
  • VHDL または SystemC のテストベンチ
  • ビット精度Matlab/C/C++シミュレーションモデル
  • ドキュメント