最先端の半導体ソリューションで新たなマーケット・ニーズを切り拓きます。

Creonic DVB-S2X LDPC/BCHデコーダ

Spinnaker_partner_logo_file_name-20180711182917246               

 

 

 

 

Creonic社のDVB-S2X LDPC/BCHデコーダはシリコン実証済みのソリューションです。色々な設定が可能で、最新のFPGAで最大100MSymb/sのシンボルレートをサポートします。

利点

  • サードパーティのDVB-S2X変調IPでシステムレベルで検証済み。
  • SOCシリコンで実証済み。
  • 業界でも定評あるDVB-S2のデザインがベースにしたディサイン。
  • Soft-Decisionデマッパー、ブロック・デインタリーバ、LDPCデコーダ、BCHデコーダ、デスクランブラを実装。
  • 省電力・小規模のデザイン。
  • 動作中のバーストごとにコンフィギュレーション可能。
  • 設計時設定により要求するスループットに最適なリソース利用を実現可能。
  • LDPCデコーダのアーキテクチャは階層構造で統合が簡単。
  • LDPCデコーダのイテレーション早期停止の基準を設け、大幅な省電力を実現。
  • 現場でのACM/VCMモード選択によりLDPCデコードのイテレーション回数を設定し、スループットとエラー訂正性能のトレードオフを取ることが可能
  • 統計データ収集 (エラーレート、平均イテレーション回数、信号ノイズ比 (SNR))。
  • ASICとFPGA (Xilinx, Altera) で利用可能。

主な機能

  • 信号ノイズ比は -9.6~19.8 dBの範囲。
  • スループットは256-APSKでも最大100 MSymb/s。

特徴

  • DVB-S2 およびDVB-S2Xに準拠
  • BBFRAMEのデコードに対応。
  • ACM, CCM, VCMをサポート
  • SNRが-9 dBより小さい超低SNRモード (VLSNR) をサポート。
  • ショートフレーム、ミディアムフレーム、ノーマルフレーム (16,200ビット、32,400ビット、64,800ビット) をサポート
  • BPSK, QPSK, 8-PSK, 16-APSK, 32-APSK, 64-APSK, 128-APSK, 256-APSKをサポート

アプリケーション

  • 衛星通信
  • ナノサテライトおよびCubeSatデバイス
  • 前方エラー訂正の需要が大きいアプリケーション
  • 幅広いコードレートを必要とするアプリケーション(1/10から9/10)

納品物

  • VHDLソースコードまたは合成済みネットリスト
  • シミュレーションモデル
  • VHDL または SystemC のテストベンチ
  • ビット精度Matlab/C/C++シミュレーションモデル
  • ドキュメント