最先端の半導体ソリューションで新たなマーケット・ニーズを切り拓きます。

CAST社 AES (Advanced Encription Standard) Core

 

 

 

概要

AES暗号IPコアは、 アメリカ国立標準技術研究所(NIST)のAdvanced Encryption Standardに準拠した、Rijndael(ラインダール)エンコーダとデコーダを実装しています。128ビットのブロックを処理し、128、192と256ビットの各キー長にプログラムできます。

システム要求に応じて、2つの構成バージョンが用意されています。標準バージョン(AES-S)は、よりコンパクトなコアで、32ビットのデータパスを用い、各128/192/256ビットのcipherキーに対して、それぞれ44/52/60クロック・サイクル処理となります。

高速バージョン(AES-F)は、128ビットのデータパスを用い、それぞれ11/13/15クロック・サイクルの高速スループットを実現します。

各種cipherモード(ECB, CBC, OFB, CFB, CTR, CCM, GCM、LRW)に対応し、既に拡張されたキー、あるいは、オプションのキー拡張回路を伴って動作します。

コアは、完全同期設計で、さまざまなターゲット・プロセス(デバイス)で評価されていいます。ASICあるいは各種FPGAに最適化されたコアが納品されます。

コアは、Intel社、Lattice社、MicroSemi社、あるいは、Xilinx社のFPGA、および、どんなASICにもマッピングされ、最適化されています。

アプリケーション

• 保護されたネットワーク・ルータ
• 電子金融取引
• セキュアな無線通信
• セキュアなビデオ監視システム
• 暗号化されたデータストレージ

ブロック・ダイアグラム

 

 


AES 暗号化/復号化コアの比較表

  AES* (-S or -F) AES-P (-S or -F)

AES-GCM or

AES-CCM

(-S or -F)

AES-GCM, AES-CCMor AES-XTS
(-X or -X2)

 暗号化/複合化のランタイム・プログラミング yes yes yes yes
 Cipherキー長のランタイム・プログラミング yes yes yes yes
 ブロックCipherモードのランタイム・プログラミング no yes no no
 ECBモード yes yes no no
 CBCモード yes yes no no
 CFB モード yes yes no no
 OFB モード yes yes no no
 CTR モード yes yes no no
 LRW モード yes no no no
 Key Expander オプション オプション オプション yes
 128/192/256キーのビット/サイクル数 2.91/2.46/2.13 or 11.64/9.85/8.53 2.91/2.46/2.13 or 11.64/9.85/8.53 2.91/2.46/2.13 or 11.64/9.85/8.53 128/128/128 or 256/256/256

* コアは、一つの暗号化/複合化モードのみサポートします。