最先端の半導体ソリューションで新たなマーケット・ニーズを切り拓きます。

TurboConcept社 TC1000-WIMAX WiMAX CTC ターボデコーダ

 

 

概要

TurboConcept社のTC1000 - WiMAXは、固定およびモバイルWiMAXターボコード(CTC)の業界基準です。本IPは、多数業界のリーダー(プレスリリース参照:http://www.turboconcept.com/pdf/Sequans_TurboConcept_Wimax.pdf)に採用され、基地局(FPGAコア)とユーザー端末(ASICコア)の両方で使用されています。コアは、浮動小数点に近いBER性能を提供し、様々なセル・サイズとシステム容量に対処するため、3つのスルー・プットレベル(5回繰り返しで50から200 Mbps)バージョンがあります。

 

特徴

  • IEEE802.16d-2004(固定)準拠
  • IEEE802.16e-2005(携帯)準拠
  • H-ARQ方式のブロック・サイズを含むすべてのブロックサイズ対応
  • 3つのスループット・レベル("2倍"、"4倍"または"8倍速")、5回繰り返し時50から200 Mbps
  • 繰り返し演算の早期中止機能
    • 消費削減電力
    • + 60%の平均スループット増加
  • 先進なアーキテクチャ -> 複雑さ削減
  • 量子化幅を選択可能 -> 3から8ビット
  • 符号化率、ブロックサイズと繰り返し回数をOn-The-Fly切り替え可能 (Block-by-Block)
  • バンク入れ替えによる(2つの入力バッファ)レイテンシの削減
  • 動作時のBER監視機能
  • CPUインターフェイス
  • エンコーダ・コアも含まれる
  • ディパンクチャとサブ・ブロック・ディインタリーバ
  • 一つのFPGAに実装、ザイリンクス、アルテラ、ラティス・デバイス対 応
  • ASICコア:VerilogまたはVHDLコアで提供
  • シリコン実証済