最先端の半導体ソリューションで新たなマーケット・ニーズを切り拓きます。

CoreWorks社 CWda70/72 HE AAC/AAC LC エンコーダ

 

 

概要

AAC-LCオーディオ・エンコーダ(CWda72)は、オーディオ・ストリームのエンコード・エンジンとして動作するように設計されたIPコアです。 このIPコアは、ASICやFPGAに実装されます。

IPコアは、Coreworks社のFireWorks™ 32ビットRISCプロセッサと、SideWorks™リコンフィギャラブル・ハードウェア・アクセラレータで構成されています。

IPコアのコマンド、設定、および状態は、AMBA APBインタフェースによってアクセスされ、コンフィギュレーション、コントロール及びステータス・レジスタによってパラメター情報を読み書きできます。このインターフェイスを駆動する、外部のI2C、SPIコアなどもオプションで提供されています。

IPコアは、外部またはチップ内蔵のプログラム・メモリとデータ・メモリを必要とします。SPDIF、I2S、またはTDMなどオーディオ・データI/Oを駆動する外部インターフェースコアもオプションで提供されています。コーデックの設定は、ソフトウェア・インターフェイス・プロトコル(SIP)を介して実行されます。 SIPは、オーディオフレームをエンコードしたり、デコードするために必要なすべてのパラメータの複合構造体です。圧縮・再生は、連続的にまたは1フレーム毎に実行できます。

 

ブロック図

 

FPGAリソース使用情報

 ファミリ  スライス数  BRAM  DSP48E

 F

 (MHz)

 LUTs  FFs
 Spartan-6™  2,113  20x18Kb
 + 2x9Kb
 4  80
 5,695  3,219
 Virtex-5™  2,150  6x36Kb
 + 12x18Kb
 4  100
 4,663  3,244
 Virtex-6™  1,910  8x36Kb
 + 10x18Kb
 4  120
 5,218  3,219

 

 

特徴 (CWda72)

  MPEG4/MPEG2 AAC-LC標準を完全サポート
  チャンネル・モード : モノ、ジョイント・ステレオ、ステレオ
  ADTS,ADIF, LATM及びLOAS トランスポート・ストリーム・フォーマット対応
  サンプル・レート: Fs = 16, 22.05, 32, 44, 44.1 と 48KHz対応
  最大16-ビット・オーディオ・サンプル精度
  400kBの外部メモリ(estimated)
  レーテンシ : 2048/Fs
  コマンド、設定と状態情報の為のコンフィギュレーション、コントロール、および状態レジスター・インターフェース
  メモリ・コントロールにAMBA-AHBマスタ・インターフェース、コンフィギュレーション、コントロール、ステータスとプログラミング・インターフェースにAPBスレーブ・インターフェース
  使い易いマルチ・チャンネル・パラレルTDMインターフェース
  業界標準のSMPTE337M、SPDIF、I2S/TDMやカスタム・インターフェースに簡単に接続できるパラレル・オーディオ・インターフェース
  バーストと連続データ・フローをサポート
  業界標準のSPI、I2C等のインターフェースに簡単に接続できるパラレル・ブート・インターフェース
  リアルタイム処理@80MHz

 

 

利点

  低価格のFPGAにフィットするコンパクトなハード設計
  低い動作周波数
  非常に低い消費電力
  小さい外部メモリのフット・プリント

 

 

納品物

  データシート)
  FPGA ネットリスト
  プログラム・バイナリ
  設計制約スクリプト
  評価ボード (オプション)