最先端の半導体ソリューションで新たなマーケット・ニーズを切り拓きます。

CoreWorks社 CWda61 Dolby Digitalデコーダ

 

概要

SideWorks™ Dolby® デジタル・デコーダ (CWda61) は、複数のプロセッサ環境の中のオーディオ処理をオフロードする為のハードウェア・エンジンとして設計されたIPコアです。 CWda61は、パワーアップ時に基本プログラムを実行するBIOSを内蔵し、ブート・デバイスからデコーダ・プログラムをロードします。「スタート」命令の後、プログラムは、オーディオ・データ・インターフェースからデータを読み込み、「ストップ」命令を受け取るまでDolby デジタル・ストリームをデコードします。

デコーダの設定及び状態は、外部からアクセスできるステータス&コントロール・レジスタ・ファイルによって設定と確認することができます。コアのインター・フェースは、簡単に組込できるように複数の業界標準をサポートしています。

CWda61の特徴セットは、Dolbyデジタルのマルチ・チャンネル・デコーダの仕様に完全に準拠しています。低い周波数、小さい論理回路と小さいメモリ占有スペースが、システム・コストと消費電力の低減に貢献します。低レーテンシと低メモリ・バンド幅も重要な特徴の1つです。

 

ブロック図

 

 

 

FPGAリソース使用情報

 ファミリ
 スライス数  BRAM  DSP48E

 F

 (MHz)

 Fmax

 (MHz)

 LUTs  FFs
 Virtex-5™
 1249  10  4  100  115
 3699  2546
 Virtex-6™
 1601  10  4  120  125
 5664  3966

 

 

特徴

  リアルタイムのオーディオ・デコーディング @ 60 MHz
  Dolby®デジタル・デコーダのフル・ファンクション・セット搭載
  1 から 5.1 チャンネル
  サンプル・レート: Fs = 32, 44.1 と 48KHz対応
  最大24-ビットオーディオ・サンプル精度
 

デコードの設定及び状態確認の為のステータスとコントロール・インターフェース

  64kBの外部メモリ
  リコンフィギャラブル・アクセレータと外部メモリ又はI/Oの間の高速双方向性データ通信を行うDMAコントローラ内蔵
  256 サンプルレーテンシ (256 / Fs)
  オーディオ・データのFIFOインターフェース:PCM,Raw,AES3,SMPTE337M,SPDIF,I2S/TDM,カスタム
  メモリ制御にAMBA-AHBインターフェース、ステータス、コントロール、カスタム・インターフェースにAPBスレーブ・インターフェース
     

 

利点

  低価格のFPGAにフィットするコンパクトなハード設計
  低い動作周波数
  非常に低い消費電力
  外部メモリの占有率が小さい

 

 

納品物

  データシート
  FPGA ネットリスト
  プログラム・バイナリ
  設計制約スクリプト
  評価ボード (オプション)