最先端の半導体ソリューションで新たなマーケット・ニーズを切り拓きます。

Jointwave社 低遅延H.264 TS エンコーダ/デコーダ

Jointwave

 

 

 

 

Jointwave社はH.264エンコーダの研究・開発に注力し、高画質、低遅延とシステムの低コスト化を目指したIPコアをご提供致します。

今まで、放送、メディカル、飛行機、スペース、工業用カメラ及び無線ゲーム機等幅広い分野で販売事績がございました。C660L/C640L は低遅延を要求されるアプリケーション向けに新たに開発したコーディックIPコアです。
1920x1080p@30fps時ソースビデオがHDMI/DVI経由入力されてからコーディックHDMI/DVI経由ディスプレイで再生するまでの遅 延は10msec以下です。低コストのFPGAで低遅延と高画質を実現しています。

規格・仕様

Low Latency H.264 Video Code
  Encoder & Decoder ペアでご提供
  1920x1080p@60fps,1920x1080i@60fps まで対応
  カラー・サンプリング・フォーマット: 4:2:2/4:2:0/4:0:0
  8ビットと10ビットサンプル対応
  マルチ・スライス対応
  GOP構造
 ・ I-Only或いはP-Only設定可能
 ・ P-Onlyモードではリフレッシュー期間をコンフィギュレーション可能
  イントラ予測:
  ・輝度16x16ブロック4モードと4x4ブロック9モード、色差4モード
  インター予測:
  ・可変ブロックサイズ動き予測
  ・最適な予測モードの自律検出
  ・1/4 Pelピクセル精度動き予測
  1/4 Pel 動き補償
  CAVLC、CABACエントロピー符号化対応
  インターレース(PicAFF搭載)とプログレシブ対応
  ディブロキング・フィルター実装

 

ブロック図

リソース使用量

 Xilinx
 Kintex-7
 エンコーダ  デコーダ
 Slices  14,000  7,000
 BRAM36  102  43
 DSP48  65  21
 Fmax  266 MHz  200 MHz
 必要周波数  133 MHz  100 MHz
 Altera
 Arria GX-II
 エンコーダ  デコーダ
 ALTU  40,000  14,000
 M9K  265  46
 DSP18  95  25
 Fmax  266 MHz  200 MHz
 必要周波数  133 MHz  100 MHz

 

特徴

低コスト
  エンコーダーとディコーダーはそれぞれ一つの低コストのFPGAで 1920x1080p@30fps リアルタイム動作
高画質
  高いスロープット: CAVLC:300Mbps
  コマ落ちなく、スムーズな固定ビットレート  CBR)制御機能
低遅延:
  1920x1080p@60fps ~5msec
  1920x1080p@30fps: ~10msec
高速:
  一個FPGAでマルチ・スライスのパラレル処理によって4K@60fpsfpsリアルタイム動作可能
  マルチチャンネルHD対応できるパフォーマンス
使いやすい:
 

完全ハードウェア設計、CPUなく自律動作

  カメラへ・ディプレイへ簡単に接続:
・エンコーダー:HDMI/DVI ソースビデオ入力
・ディコーダー:HDMI/DVI ソースビデオ出力
  外部メモリ用のメモリ・コントローラやEthernet機能を搭載したサンプルインプリメンテーションをご提供
3ステップ検証:
  RTL及びFPGA配置・配線後のゲット・レベル・シミュレーション対応
  FPGAボードでリアルタイム動作検証
  各種ビデオを使って、実機30日連続動作検証

アプリケーション

  放送用FPU
  低遅延ビデオ転送装置
  無線リモートゲーム機
  無線ディスプレイ
  遠隔操作カメラ
  ビデオ会議システム
  医療用カメラ
  交通監視用カメラ