SPINNAKER SYSTEMS
TOP Page IPソリューション EDAツール ボード・デザイン 会社概要 社員募集 パートナー募集 イベント・セミナー ニュース
   
  2014年10月22日  
 

“Zero-Stage Pipeline”で、最高効率の消費電力と
パフォーマンスを実現する最新BA20プロセッサIP

 
 

PipelineZeroアーキテクチャ、ハザードなし、単一サイクル実行、最小コード密度、 小シリコン 面積、省電力設計で、実行およびエネルギー効率が高い32ビットのプロセッサ

米国Linley Processor Conference, サンタクララ, カリフォルニア州 — 20141022 — 
着用可能な装置、物のインターネット(IoT)センサ、モバイル製品は、重要課題である処理能力の追求だけでなく極めて低いエネルギー消費を要求し、現代のプロセッサ効率の限界に挑戦しています。
本日、Beyond Semiconductor社とCAST社から発表された新しい32ビットのプロセッサは、PipelineZero™ アーキテクチャと呼ばれるゼロ・ステージの実行パイプラインと、最先端の設計技術を組み合わせによって、この挑戦に対応しました。
新しいBA20™ PipelineZero 32ビット埋込用プロセッサIPは、通常の省電力プロセッサ技術ではその電力 目標を満たせない、最もパワーに敏感なシステムのために設計されています。
無駄なサイクルのない高効率動作と、エネルギー消費量当たりの仕事量を最大限にしたBA20は、既存 の3段や5段パイプライン・プロセッサで必要な高い動作周波数を要求しない新しいスイート・スポット・プロセッサです。

アプリケーションに対して、次のような非常に競争率の高い解を提供します。

CAST_BA20_1
ARM社からのポピュラーなプロセッサ・ラインと比較して、BA20プロセッサは、 Cortex-M0+相当の小規模で、Cortex-M4に匹敵する効率を提供します。

●高い能力効率:
3.04 DMIPS/MHz、3.41 CoreMarks/MHz
●小さなシリコン面積:
40Gプロセス(9トラック)で、0.01mm2
●低消費電力:
40Gプロセスで、2μW/MHz。

Beyond Semiconductor社は、BA2X™ プロセッサ・ファミリーの中で既に証明済の設計技術と、ユニークなPipelineZeroマイクロ・アーキテクチャの統合の変更部分を最小化する正確なきめの細かい最適化によってこれらの結果を実現しました。

BA20プロセッサは、BA2™命令セットの真の単一サイクル・インストラクション実行を行い、産業界をリードする極端なコード密度によってシステム全体の電力消費を抑えます。プロセッサの高い実行効率とは‥‥少ない時間でより多くの処理を行う‥‥時間内でよりスリープする‥‥より低い周波数で実行することで、エネルギーを節約できることを意味します。 内蔵された、パワーとクロック・ゲーティング、動的な周波数スケーリング機能等の先端のワーマネージメント技術によりさらなるエネルギー消費の削減が可能です。

BA20のPipelineZeroアーキテクチャは、ゼロ遅延分岐と、負荷の無いパイプライン・ストールを提供します。それは、
●高い実行効率に対する危険(データ、構造、分岐)を排除する
●より少数のパイプライン・レジスタ‥‥最小数のフリップ・フロップ要求‥‥より小さな面積のための単純化されたCPU制御を持つ
●エネルギーの無駄を少なくするために短い分岐シャドーを持つ

CAST_BA20_2

BA20のPipelineZeroアーキテクチャは、典型的な多重ステージ・プロセッサより高い能力効率を提示するゼロ・ステージの実行パイプラインを使用します。

設計者は、プロセッサのハードウェア乗数/割算器、積和演算器、IEEE-754準拠の浮動小数点ユニットを任意に追加できます。ベクタ割込みコントローラは、割り込みに対して適時に反応し、オプションのメモリ 保護ユニットは、アプリケーション・コードおよびデータの破壊を保護します。コアのシステム・インタフェースは、32ビット幅のAMBA AXI4(ライト)バスを使っています。

2つの密接に埋込まれたメモリ(EMEM)のバスは、タイム・クリティカルなコードとデータの高速アクセスを 許可し、多重コアのアーキテクチャでのコア間通信に使用することができます。

ロイヤルティ・フリー(ライセンス費用のみ)のBA20プロセッサIPコアは、RTLソース・コード、FPGA用のネットリスト、 そして、EclipseベースのBeyondStudioツールがリリース可能となっています。

 

本プレスリリースの問い合わせ先
株式会社スピナカー・システムズ マーケティング部
(電話)045-478-3803
(ファックス)045-478-3809
* ご連絡はこちらへお願い致します。
 
     
 
 
サイトマップ   アクセス   プライバシーポリシー   お問い合わせ