SPINNAKER SYSTEMS
TOP Page IPソリューション EDAツール ボード・デザイン 会社概要 社員募集 パートナー募集 イベント・セミナー ニュース
   
   
 

Jointwave社、米国NASAのオリオン宇宙船向けに、H.264技術を強化

 
 

カリフォルニア州フリーモント/2011年9月28日/ PRN共同

FPGAとASIC向けH.264 IPコアのリーディング・サプライヤであるJointwaveLLC社は、将来の有人宇宙飛行ミッションをサポートするH.264/MPEG-4(パート10)のIPコア技術を強化しました。
(写真:http://photos.prnewswire.com/prnh/20110928/SF76478

NASAの多目的クルー宇宙船オリオンの元請業者であるロッキード・マーチン社との契約に基づき、Jointwave社は、自社のH.264エンコーダをカスタマイズし、ミッション・クリティカルの映像を、ストレージ・レコーダ、乗組員用ディスプレイへのライブ・ストリーム、ミッション・コントロールの為のストリーミングのダウンリンクに、 マルチ・キャストする宇宙船ビデオ映像圧縮システムを実現しました。

Jointwave社のH.264エンコーダIPコアは、低価格のシングルFPGAデバイス上で動作し、放送レベルのビデオ品質のフルHD 1080p30fps ビデオをサポートします。
そのハードウェア・リソースは非常に小さく、100Mhzの程度の低い周波数で動作し、市場の他のIPコアに比べて大幅な低消費電力を実現します。
このため、電力消費からの熱放散の厳しい制限があり、過酷な環境、バッテリー作動のアプリケーションの最適な解として採用されました。

「我々は、Jointwave社のエンコーダIPコアが、有人宇宙飛行ミッションの要求に求められる、厳格なテストと理論的な検証に合格したことを喜びを持って発表いたします。」 Jointwave社のPaul Qiu 最高経営責任者(CEO)のコメントです。
「我々は、コーデックの効率性、パフォーマンス、活力のリーダーであることを大変誇りに思います。」

エンコーダは、完全なデジタル設計で、動作中CPUやDSPの介入なしに正確なビットレート制御機能を実現します。チップ数の削減と、低レイテンシが、リアルタイムでインタラクティブ性が要求されるアプリケーションに、理想的で信頼性の高いソリューションを提供します。

「Jointwave社は、オリオン宇宙船に厳しく要求される高解像度のビデオ圧縮技術の挑戦に邁進してくれました。」 ロッキードマーチン社のPreston Faiksオリオン上級電気エンジニアのコメントです。 「彼らは、我々のアプリケーションのカスタマイズ要件の特定後、非常に迅速にかつ効率的に納品してくれました。」

エンコーダは、ミッション・クリティカルな打ち上げイベントを監視し、ドッキング場所での近接演算とドッキングの状況認識に使用される宇宙船カメラからのハイビジョン映像の圧縮に使われると、Faiks氏は説明しました。
この圧縮方式 は、それぞれのオンボード・システムの異なるデータレートのために必要とされます。カメラからの出力データ・レートは1Gbs超え、ストレージのデータ転送速度は20Mbs、地上へのストリーミングは50Kbsほどになります。

その高い客観的映像品質のために、Jointwave社のコーデックは、パターン認識や映像解析技術を適切に処理し、高効率CABACとCAVLCのエントロピー・エンジ??ンは、毎秒数百メガビットのスループットをサポートしています。
これは視覚的に損失のない映像を必要とするアプリケーションに特に有用です。

Jointwave社の革新的なH.264の実装は、航空電子工学、航空宇宙、自動車、監視、医療機器、モバイル機器、放送、ビデオ会議や家電業界を対象としています。
IPコアは、Jointwave社とロッキード・マー ティン社スペース・システム間のライセンス契約署名後に納品されました。 Jointwave社の製品に関する問い合わせは、日本代理店のスピナカー・システムズまでお願いします。

Jointwave社について:
Jointwave LLC社は、FPGAとASIC向けの映像技術とコーデックIPデザインに焦点を当てています。Jointwave社の高性能H.264エンコーダは、ブロードキャスト・レベルのビデオ品質を提供しながら、超低消費電力、小さなハードウェアリソースを実現し、従来では不可能あるいは法外なコストと考えられていた、ビデオ・アプリケーションを拡大します。同社は、顧客の評価と完全なH.264のソリューションを実装するための包括的な相談や技術サービスを提供します。
詳細は、ウェブサイト www.jointwave.com をご覧ください。

ロッキード・マーチン社オリオン・チームについて:
ロッキード・マーチン社は、地球の低軌道を越え、長期間、ディープな宇宙ミッションである宇宙飛行士を運ぶために設計された次世代宇宙船、NASAの多目的クルー宇宙船(MPCV)オリオンの元請業者です。
ロッキード・マーチン社は、主要な下請け業者だけでなく、全米ネットワークの小規模の下請業者や中小企業を含む、オリオンMPCV業界チームを率いています。
加えて、ロッキード・マーティン社は、広大なサプライ・チェーン・ネットワークを通じてアメリカ全土の何百もの小規模な、あるいは、恵まれないビジネス取引先と契約をしています。詳細については、www.lockheedmartin.com/orion をご覧ください。

Jointwave社ニュース発表原文は、下記をご覧ください。
http://www.prnewswire.com/news-releases/jointwave-enhances-mpeg-4-technology-for-orion-spacecraft-130740918.html


 
 
本プレスリリースの問い合わせ先
株式会社スピナカー・システムズ マーケティング部
(電話)045-478-3803
(ファックス)045-478-3809
* ご連絡はこちらへお願い致します。
 
     
 
 
サイトマップ   アクセス   プライバシーポリシー   お問い合わせ