SPINNAKER SYSTEMS
TOP Page IPソリューション EDAツール ボード・デザイン 会社概要 社員募集 パートナー募集 イベント・セミナー ニュース
   
  2011年11月9日  
 

vSync Circuits社とスピナカー・システムズは、
日本市場での提携を発表

 
 

2011年11月9日 - 本日、イスラエルのvSync Circuits社と(株)スピナカー・システムズは、vSync社のEDA&IPソリューションに関する日本市場での営業、マーケティング、サポートの戦略的提携を発表しました。

「我々は、EDAおよび半導体知的財産(SIP)の有力代理店との提携に非常に興奮しています。」vSync社の最高技術責任者Reuven Dobkin CTOのコメントです。「熱心で迅速な顧客サポートは、当社の主要な目標の一つです。私たちはスピナカーとの提携によって、日本でこの目標が達成できると確信しています。vSync社のASICおよびFPGA向けマルチ・クロック・ドメイン(MCD)設計の統合と検証の完全なソリューションと、スピナカーの営業、マーケティング、サポート力は、日本市場での成功の最強の組み合わせです。」 「我々は、vSync社との提携を大変喜んでいます。」スピナカーの片桐徹代表取締役のコメントです。「vSync社は、当社のお客様が直面している非同期を含む複雑なデジタル設計回路の、信頼性の高い”統合”と”検証”という両方のソリューションを提供します。」vSync社のツールキットには、マルチ・クロック・ドメイン設計の、異なる種類の同期問題をすべて明らかにする、静的および動的検証のEDAツールとライブラリが含まれています。問題が識別されるとvSync IPライブラリから適切な解決策を引出し、問題解決へと導きます。Sync社のツールキットは、設計の早い段階で設計を浄化し、FPGA/ASIC設計の大幅な設計と検証時間の短縮、および、ASICのリスピン・リスク軽減を実現します。

スピナカーは、11月16日から18日の3日間、パシフィコ横浜で開催されるET2011に出展し、vSync社製品の実機デモと説明を行う予定です。vSync社の製品および技術については、 スピナカー・システムズにお問い合わせください。


vSync Circuit社について
vSync社は、信頼性の高いマルチ・クロック・ドメインSoCの統合と検証分野の新しい独自技術を開発しています。vSync社のツールキットは、ASICおよびFPGA設計者の両方を対象としています。キットには、同期問題検出、IPライブラリを使い問題修正、システムの信頼性評価、RTL段階から製品リリースおよびメンテナンス段階までのプロジェクト管理を可能にする、EDAツールIPモジュールのライブラリが含まれています。

株式会社スピナカー・システムズについて
スピナカー社は 1995 年に設立され、これまで数多くのEDA と半導体IP(設計資産)を販売・サポートしてきた実績を持っている。半導体IPは高度な信号処理・画像処理からアナログまで多岐に渡り、海外複数のベンダの日本代理店となっている。スピナカーは2000年より、株式会社PALTEK(JASDAQ: 7587)の子会社となっています。詳しい情報をお求めの方は、ウェブサイトwww.spinnaker.co.jp をご覧ください。

 
本プレスリリースの問い合わせ先
株式会社スピナカー・システムズ IPビジネス部
(電話)045-478-3803
(ファックス)045-478-3809
* ご連絡はこちらへお願い致します。
 
     
 
 
サイトマップ   アクセス   プライバシーポリシー   お問い合わせ