SPINNAKER SYSTEMS
TOP Page IPソリューション EDAツール ボード・デザイン 会社概要 社員募集 パートナー募集 イベント・セミナー ニュース
 
シリコン IP
 
 
 
  IP一覧へ
 
 
 
 
  IPメール配信サービス  
IP製品に関するお問合せ
 
IP / プロセッサIP
 

R8051XC2シリーズはMCS51 の命令セットを実行でき、しかもRISCアーキテクチャを採用しパフォーマンスをアップさせた、周辺I/Oコンフィギュラブルな8ビット・マイクトコントローラ・コアです。完全同期設計、内部トライステートはありません。

豊富なオプション機能とペリフェラルをサポートしているので、設計者は特定のアプリケーションとハードウェア要件( FPGA 、 ASIC またはストラクチャード ASIC )に適合させることが可能です。

 これらのオプションは、ハードウェア割り込み、シリアル通信用インターフェース、 I2C と SPI インターフェース、タイマーシステム、 I/O ポート、パワーマネージメントユニット、乗算/除算ユニット、ウオッチドッグタイマー、DMAコントローラー、リアルタイムクロックを含んでいます。 JTAGデバッガも標準サポートしております。推奨コンパイラは、Keil社のuVision3です。

 CASTの8051シリーズは、1997年のリリース以来、ライセンス実績は100件を超えます。

周辺I/Oは、カスタムコンフィギュレーションが可能で、ユーザ側で自由にコンフィグ可能なFullバージョンか、あるいはご指定のコンフィグに合わせたPre-configured版をリリースすることが可能です。

 
 ブロック図  
 R8051XC2シリーズ
 

R8051XC2-A :  intel 8051互換の周辺I/Oを搭載。
                     64KB Memory Interface, Timer 2つ、Serial Port 1つ、parallel Port 4つ
                     割込コントローラ(2段階)、DPTR(Data Pointer Register) 2つ、パワー

                     マネージメント

                                              ユーザによるコンフィグレーションが可能(合成前に使わない機能を削除可)

                        I2Cx2つまで追加可能、SPIx1追加可能

 
  R8051XC2-AF : intel 8051互換。構成は固定

                         

                     I2Cx2つまで追加可能、SPIx1追加可能

 
 

R8051XC2-B :  Infinion 80515/80517互換の周辺I/Oを搭載
                    64KB Memory Interface, Timer 3つ、Serial Port 2つ、parallel Port 4つ
                    ウォッチドックタイマー、MDU、DPTR(Data Pointer Register) 2つ、パワー

                    マネージメント

                          

                               ユーザによるコンフィグレーションが可能(合成前に使わない機能を削除可)                                  I2Cx2つまで追加可能、SPIx1追加可能

 
 

R8051XC2-BF : Infinion 80515/80517互換。構成は固定

                     

                             I2Cx2つまで追加可能、SPIx1追加可能

 
 

R8051XC2-F :  全ての周辺I/Oを含み、ユーザ側でコンフィグ可能なAuto-Configuratorを

                     含みます。

                            

 
 特徴
  MCS51命令セットを実行可能
  1サイクルにつき1クロックで命令実行(標準的な80C51は12クロック)
1命令あたり平均2.12クロックで処理
  高速 (R8051XC2シリーズはオリジナルi8051の約12倍、R8051XCはi8051の約8倍)
  周辺I/Oを自由にコンフィギュレーション可能
 

外部プログラムメモリ、外部データメモリ共にバンク切り替え方式で8MBまで拡張可能

  JTAGデバッカサポート。
     
  周辺I/Oの特徴
  DMAコントローラー
    最大8本の独立チャンネル
    すべてのメモリースペース(SFRを含む)に対するリード/ライトアクセス
    リニアアドレッシング(最大8MB)
    アドレス自動インクリメント/デクリメント
    同期/非同期モード
    ソフトウェアトリガー/ハードウェアトリガー
  プログラムメモリのライトモードでは外部のプログラムメモリ空間にライト可能
  外部メモリインターフェース (EXTINT)
     

プログラムメモリ(ROM)、データメモリ(RAM)共に、最大 8MB までアドレス可能

( メモリバンキング使用時 )

    高速データブロック転送用 1,2 または 8 個のデータポインタ
  割り込みコントローラ(ISR) :
    18 個の割り込みソースに対して 4 つのプライオリティレベル
    6個 の割り込みソースに対して 2 つのプライオリティレベル
  パワーマネージメントユニット ( PMU)
    パワーダウンモード付き
    IDLEとSTOPの2つのモードを用意。
  JTAGデバッグインターフェース(OCDS) :CAST のオンチップデバッグサポート
  乗算 / 除算ユニット (MDU)
    16 × 16 ビット乗算
    32/16 及び 16/16 ビット除算  
    32 ビットノーマライゼーション及び 左右シフト
  16 ビット タイマー / カウンター :80C51と同じタイマー 0 と 1 または 80C515と同じタイマー2
  Timer2
    比較/補足ユニットを含んでいます。パルス幅変調に対する 4 つの 16 ビットコンペアレジスタ 、パルス幅測定に対する4つの外部キャプチャ入力、及び パルス発生に対する16 ビットリロードレジスタつき
  インプット / アウトポットポート(GPIO)
    最大4 つの ( コンフィギュラブル )8 ビット I/O ポート
    外部の割り込みやシリアルインターフェースの様な代替ポートファンクションは分離しています。標準的な 8051 と比較すると追加的なポートピンを提供
  シリアル 0(Serial0): 全二重通信シリアルインターフェース (80C51ライク)
 

シリアル 1(Serial1): シリアル 0 の非同期のみのバージョン

  15 ビットのプログラマブルな ウオッチドッグ・タイマー
  I2C及び1〜2のSPIインターフェース
  1,2,8個のData Pointerレジスタによるデータ転送
   
 
 
 
サイトマップ   アクセス   プライバシーポリシー   お問い合わせ