SPINNAKER SYSTEMS
TOP Page IPソリューション EDAツール ボード・デザイン 会社概要 社員募集 パートナー募集 イベント・セミナー ニュース
 
EDA ツール
Verific
 HDL Front End
SynApps
  Customizable EDA Tool
 

Dynalith

  Verification Engine

 

Techno Repo

  C to HDL Compiler

 

vSync Circuits

  クロック・ドメイン交差(CDC) の完全なソリューション

EDAツールに関する
お問合せ
 


EDAツール / Dynalith / Dynalith iProve
  iProve
Dynalith社のiPROVE (Intelligent PROtotype Verification Engine)は、HDLデザインをFPGAカード上にマッピングし、高速に検証を行う、デザイン検証ツールです。

シリコンへの実装の前に、HDLのソフトウェア・シミュレーション環境の構築が完了したことろで、デザイン情報を、iPROVEのFPGAカードにダウンロードし、検証を行います。

ソフトウエア・シミュレーションでは、RTLの検証の後、デザインは、論理合成によってネットリストに変換されます。シミュレーションによる、ネットリストの機能検証は、RTLレベルに比べて数百倍の時間がかかります。

iPROVEを使うことによって、デザイン検証の時間を大幅に短縮できます。iPROVEによる検証のスピードは、既存のツールと比較して、数千倍の改善となります。さらに、トランザクション・レベルの検証手法を導入すると、更なるパフォーマンス向上が実現します。

iPROVEは、ソフトウエア・シミュレーションの柔軟で便利な機能と、FPGAプロトタイピングのメリットを合体しています。iPROVEは、非常に高いパフォーマンス、高精度な結果の出力、信号の優れたデバック機能等を備えています。また、HDLを含むさまざまな高位言語をサポートする柔軟性もあります。

・インターフェース:
o C/C++ API は、高位言語を使ったテストベンチの構築を可能にする
o HDL PLI/FLI は、簡単な作業でHDLシミュレータのリンクを可能にする
o SWシミュレーションとHWエミュレーションの間のインターフェース・メカニズムを構築すると、
SWをホスト・コンピュータ上で実行し、HWはiPROVEハードウエアで実行することができる

・デバック機能:
o iPROVEには、ビルト・イン・ロジック・アナライザ(BILA)が含まれています。
この機能によってFPGAにマッピングされたDUT上の信号を観測することができます。

・外部インターフェース:
o A Data Pumping Port (DPP) enables the DUT to send and/or receive data.

iPROVEは、アプリケーションとして以下の様な使い方がありす。

・チップ・デザイン:テストするブロック/モジュールを、さまざまなフォーマット
(例、C/C++/HDL/EDIF)の他ブロックや、IPと一緒に簡単に検証することができる

・IP開発:自由度の高いテストベンチ開発が可能となり、高品質のIPを完成する為に、
ハードウエア・プロトタイピング

・デバイス・ドライバ開発:実チップ製作の前にハードウエア・プロトタイピングが実現

・HW/SW協調検証: ホスト・コンピュータ上のソフトウエア・モデルと、iPROVEの中の
ハードウエアとのコ・シミュレーション

・ハードウエア・アクセレーション: iPROVEの中のDUTは、ソフトウエア・シミュレーション
より高速に実行(数倍から数千倍)

IPROVEのソフトウエア・パッケージには、以下のオペレーション・システム用のデバイス・ドライバが
含まれています。

・Microsoft's Windows 2000/XP
・Linux RedHat7.2/7.3/8.0/9.0
・Solaris 7/8/9

IPROVEは、FPGAを使います。 HDLの論理合成とFPGAのP&Rソフトウエアのツールが必要になります。
以下のHDL論理合成ツールがiPROVEに使えます。

・Synopsys社 Design Compiler (FPGA Compiler機能必要)
・Synopsys社FPGA Compiler II
・Mentor Graphics社 Leonardo Spectrum
・Synplicity社 Synplify Pro
・Xilinx社XST
・Altera社Quartus II (will be supported shortly)

IPROVEは、DUTをEDIFのフォーマットとしてのみインポートしますので、その他の合成ツールでも問題はありません。P&Rソフトウエアとしては、以下のツールが必要です。

・Xilinx社 ISE (Xilinx版のiPROVE用)
・Altera社 Quartus II (Altera版のiPROVE用) (will be supported shortly)

iPROVEは、DUTの部分がハードウエアで、テストベンチや、DUT以外の回路がホスト・コンピュータ上で実行されるような場合、テストベンチの形式に応じて、HDLシミュレータや、C/C++コンパイラが必要になります。テスト・ベンチがHDLで記述されている場合、以下のシミュレータが利用できます。

・Mentor Graphics社 ModelSim PE/SE/XE/AE(Verilog) , SE(VHDL)
・Cadence社 NC-Verilog/NC-VHDL
・Synopsys社 VCS
・ALDEC社 ActiveHDL
・Simucad社 Silos

IPROVEのソフトウエア・パッケージには、Verilog用にPLIライブラリ、VHDL用にFLIライブラリが含まれていますので、標準インターフェースを備えるHDLシミュレータであれば、iPROVEで使用できることになります。

テストベンチを、C/C++で記述する場合、基本的に制限はないと予想されますが、以下のC/C++コンパイラを使うことができます。

・Microsoft社 Visual Studio 6.0 Visual C++
・Borland社 C++ Builder 6.0 (will be supported shortly)
・Borland社 C++ 5.5
・GNU gcc with Cygwin

IPROVEは、オープン・インターフェース・パラダイム(模範)に準拠しており、その為、いかなるコンピュータやソフトウエア・ツールとインターフェースを持つことの制限は存在しません。
このパラダイムをサポートすることにより、Dynalith社のシステムは、より多くの互換ツールを追加できます。ユーザからの視点では、iPROVEは、PLIとFLIを含んだAPIをベースにしています。
その結果、ユーザは、APIを介して独自のインターフェースを簡単に構築できます。Dynlith社は、以下のデファクト標準をサポートあるいはサポートする予定です。

・ SCE-API/MI (Accellera Interfaces Technical Committee)
・ SystemC (Open SystemC Initiative)
・ TestBuilder (Cadence Design Systems)
・ OpenVera (Synopsys)


iNEXT(新製品)

iNCITE

Dynalith Top

Spinnaker Top

iPROVEおよびiPROVE-CV、iPROVE-iNCITEに関してのご質問は、スピナカー・システムズまでお願いいたします。
 
 
サイトマップ   アクセス   プライバシーポリシー   お問い合わせ